「なりたい」よりも「嫌だ」を把握する

カウンセリングの中で大切なのはお客さんの「なりたい」よりも「嫌だ」という内容を把握する事だ、とも言われています。たとえば料理を食べる時にとても食べたかったものを注文してもその料理の素材や付け合せの中に一つでも自分の嫌いなものが入っていると悲しくなりますよね。ヘアスタイル同じ様な事があると思うのです。全体的には確かになりたかったスタイルに近い、だけど前髪が思ったよりも短かった、というような感じです。もしかしたらそのお客さんは眉毛が見える前髪の長さや嫌だったのかもしれません。そこを把握してなければお客さんの満足度を上げる事が出来ないばかりか、逆に満足度を下げてしまう事になるでしょう。つまり「このお客さんが絶対にしたくない事は何のか」という事を把握しておくことはとても大切なんですね。ですがカウンセリングの最初から「これだけはしないでください!」ときっぱりと言えるお客さんはほとんどいないでしょう。会話中やヘアカタログを見ている間にいかにそれを聞き出すか、という事が美容師のカウンセリングでは問われるところとなるでしょう。このお客さんが何にこだわっているのか、という事が具体的に見えてくれば、その逆を提案してみる、というのも一つの方法です。たとえば前髪の話になった時には極端に長かったり短かったりする提案をしてみて、反応を見る、といった感じですね。お客さんがヘアカタログを見ながらどのような表情をしているか、という事を把握する事はとても大切な事でしょう。おそらく興味を持ったヘアスタイルに対しては他のスタイル画像よりも長めに見入る人がほとんどです。さらに興味があれば自ら「このスタイルどうですかね?」とか「このスタイルはスタイリングが難しいですか?」などとどのスタイルに対して質問や感想を発する事もあるでしょう。そういった点を見逃さずにお客さんの好みを把握していく技量がカウンセリング時の美容師には問われる事となります。美容師がいくら「これなら良いのではないか」と思っているヘアスタイルがあったとしても、その時にお客さんの反応が悪ければそれを無理強いする事は辞めた方が良いですね。そもそも最初から印象が良くないヘアスタイルを強制された、となるとお客さんの満足度はかなり下がってしまいますし、その美容室や美容師に対する印象は悪くなってしまいます。一度はどんなヘアスタイルであれ、お客さんの好みを受け入れる事が必要です。そのためにも画像を見るお客さんの表情を汲み取る事はとても大切でしょう。美容師が自分で先導してヘアスタイルを探すのではなく、お客さんが良い表情をした時のヘアスタイルがどのスタイルなのか、という事をまずは見極めていくことが大切でしょう。転職 業務委託 求人 柏駅 スタイリスト

時間的な制約

お客さんの希望に対して美容師がプロの目から見た提案をする場合、お客さんが予定していたメニュー内容とは違う内容の方が好ましい、と判断する事もあるでしょう。たとえばお客さんはパーマをかけたい、と言うけれども、パーマをかけずにお客さんの髪のクセを生かす方向の方が良い、と判断する事もあるでしょう。そうするとパーマが必要なくなるわけですから、施術時間はかなり短くなる事でしょう。短くなるのはお客さんも時間ができるわけですし、美容室側にとっても次のお客さんを早めに応対できる、という点では良い事はあっても困った事はない、という感じです。ですがもしもこれが逆に、お客さんはパーマをするつもりはなかったのに、美容師がパーマをした方が良い、と判断した場合、お客さんにとっても美容室側にとっても予定外の時間をそのお客さんに使う事になります。その事が美容師の判断を鈍らせてしまう事はよくあるのではないでしょうか。本当ならパーマをかけてあげたい、でもお客さんもこの後予定がある様だし、次のお客さんの予約時間も迫っている、今日のパーマはあきらめざるを得ない、という事になるのではないでしょうか。それは美容師にとっては心残りでしょうし、お客さんも「最初から分かっていたらパーマで予約をしたのに」という事になるでしょう。予約時にメニューを決めてしまうとこういうことが起こってしまうんですよね。お客さんが美容室の予約を取るときには、お客さんだけの判断や希望だけで施術内容を決めてしまいます。多くの人は予約時に「カットで」とか「カットとパーマで」といって予約すると思われます。美容室側も「どうなさいますか?」とメニューを決める様に促すのが当たり前になっていると思うんですね。ですがお客さんの中には「どうしようか」「美容師さんと相談してから決めたいけど」と思っている人も多いと思うのです。ですが美容室側から事務的に「どうなさいますか?」と言われると自分で今決めなくてはならないような気持になってしまうでしょうし、曖昧な返事をする事は美容室に迷惑をかけてしまうかも、という気持ちになってしまう事でしょう。本当はカウンセリングはここで行いたいところですよね。「こうしたいのだけれども、そのためにはパーマは必要だろうか」という事を美容師と相談して、そのうえでその施術の為に必要な時間で予約をする、というのが望ましいのではないか、と思いますが、一人のお客さんのためにカウンセリングを事前に行う、というのは美容室側にとっては難しいかもしれませんね。その時間があれば別のお客さんのカットぐらい出来るかもしれませんから、そうやって売り上げをあげる事の方を優先させるのが当然と言えば当然でしょう。転職 正社員 求人 表参道駅

前のお店を辞めたのは何故か

採用試験を受けるのは新卒の若者ばかりではありません。むしろ美容室の採用試験で多いのは、転職を希望するある程度の職歴を持っている美容師たちです。その美容師たちがなぜお店を変えようと思うのか、それは人それぞれなのですが、やはり一番多いのは今の美容室に不満があるから、という事ではないでしょうか。美容師は過酷な仕事といわれますが、美容師たちが感じているのは自分の働き方に対する対価を支払ってもらっていないのでは、という事なのではないでしょうか。お店が開いている時間は勿論ですが、その後も後輩の指導などで時間がとられてしまいます。休日も講習会への出席や自分のためのヘアケアや買い物などで潰れてしまう事が多く、彼氏や彼女がいる人はデートする時間もない、と嘆く人も多いようです。給料が多いのであれば我慢が出来るかもしれませんが、そうでなければもっと良い条件の美容室を探そう、と思うのは当然のことかもしれません。そして当然のことながら採用試験ではその部分が問われます。そうやって踏まんがあるたびに美容室を変える美容師も少なくないものです。ですから何故やめて何故うちの美容室へ来たいと思うのか、という事はしっかりと聞いておきたいところなのだと思われます。これも良くある質問で「どのような美容師になりたいですか?」と問われる事があります。この質問には回答例を使う事は絶対に許されない質問でしょう。なぜならこの質問こそが、自分の思いのたけを相手に伝えるチャンスだからです。どうしてこの美容室を選んだのか、という事から始まる答えとなるはずなので、ここで矛盾が生じない様に応えなくてはいけません。たとえば「これだけ規模の大きい美容室だとやりがいがあると感じるから」と志望動機で応えたのに、「一人のお客さんとゆっくり向き合える美容師になりたい」と答えてしまうと、この美容室では回転率を優先しているのでそんな時間はありませんよ、と言われてしまう可能性もあります。つまり一つ一つの質問に答えるのではなくて、自分はこういう人間でこうありたいと思っている、というひとつの筋が通っていなければ面接官にはすぐに丸暗記してきた答えであることばばれてしまう事でしょう。何らかの事情で本当の自分の姿ではないけれども、こういう美容師だと思ってもらいたい、という事があるのであれば、すべての面接において一人の人物が一筋通った意思を持って答えている事を意識して答えなければならないでしょう。どういう美容師になりたいか、という所では心から自分の美容師に対する熱意を述べるのが理想的です。転職 正社員 求人 横浜駅

具体的なイメージを持ってもらう

たとえばなりたいスタイルがきちんと決まっていて画像などで示してくれるお客さんなら美容師の方もお客さんの希望を把握しやすい、と言われています。ですが漠然としかなりたいイメージが決まっていないお客さんに対してはカウンセリングでそれを具体化していく必要があります。たとえばロングのお客さんが「ショートにしたいのです」と言った時には、ショートと言っても色々なパターンがあります。どういうショートがそのお客さんに似合うか、満足してもらえるか、という事を考えるのが美容師の仕事です。そこで美容師の提案力が問われるわけですね。そういう時に一番良く行われるのが、ヘアカタログなどを一緒に見て、お客さんがピンとくるヘアスタイルを探す、という方法です。おそらくみなさんも一度は美容師と一緒にヘアカタログを眺めながらヘアスタイルを決めていった経験があると思われます。その時にはかなりの数の掲載されているヘアカタログの中からまずは美容師がお客さんが選ぶことができる数に絞り込む事が必要となるでしょう。大きなパターンに分けでどのパターンが好みか、という事をまずは把握していくことになるでしょう。そして大まかなパターンが決まれば、とはお客さんがどのヘアスタイルにピンとくるか、という事を見極めていかなくてはいけません。カウンセリングの上手い美容師と言うのは、そのお客さんのなりたいスタイルを旨く汲み取るばかりではなく、お客さんの髪の悩みについてきちんと把握できている、と言われています。つまりお客さんが希望するスタイルを作るために、まずはお客さんの髪の悩みをきちんと聞いておく、という事をやっているんですね。ですがなかなか初めての美容師に対して、自分の髪の悩みを打ち明ける人はいません。髪の悩みというのはどちらかというとあまり人に話したくはない内容であることが多いものです。クセ毛である、薄毛である、分け目が気になる、といった感じですね。どれも良い印象の状態ではないので皆さん悩むわけです。そんなお客さんが自分の髪の毛に対して気になっている事をきちんとカバーしつつ、その上で自分の無いたいスタイルになれることで、お客さんの満足度はぐんと上がります。たとえばふんわりとボリュームのあるヘアスタイルを希望するお客さんは、そのなりたいスタイルの裏側には「最近髪のボリュームが落ちてきた」という年齢的な悩みを抱えているのかもしれません。つまり「なぜそのヘアスタイルを希望されるのか」という事を聞き出せばそのお客さんが何に悩んでいて、どんなふうにその悩みをカバーしたいと考えているのか、という事を聞き出す事が出来るんですね。転職 開業 求人 町田駅

チョコレートの血行促進効果

チョコレートは誤解されがちですが、美容にとても効果の高い食べ物です。糖質の多く含まれているチョコレートだと肥満につながってしまう可能性がありますが、糖質が控えめな物なら肥満に繋がりにくく、美容効果を得る事が出来るのでおすすめです。チョコレートに含まれているカカオには血行促進効果があります。美容にとって一番大切な血行促進効果は、肌の作るために必要になります。肌はターンオーバーによって新しい細胞が常に作られていますが、血行が悪くなるとターンオーバーに必要な栄養が肌まで届かなくなってしまいます。どんないターンオーバーをしたくても肌の成分となる栄養が血行によって運ばれてこなければターンオーバーは出来ません。運動不足な人や、毎日同じような姿勢で仕事をしている人は気が付かない内に血行が悪くなりがちです。朝は顔がむくみやすいといった人も血行が悪くなっていることが主な原因になっていますので、血行を良くしてくれるチョコレートはおすすめです。血液の流れは体の中の老廃物を流すためにも必要なため、体に老廃物が溜まっている人にとってもチョコレートの血行促進効果は必要になってきます。ダイエットをしていて食べるものを制限している人は栄養のバランスが悪くなりがちですが、チョコレートには体に必要な栄養素がバランスよく含まれているので、適度に食べていくと美容に良いダイエットが出来るはずです。チョコレートの美容効果を知って上手に利用してみてくださいね。冬になると気温が下り湿度も低くなるためどうしても肌は乾燥してしまいます。しかしハンドクリームを使うと気に勿体ないと考えて使う量が少なくなってしまっている人も多いようです。ハンドクリームを使うときにどの位の量を使えば良いのでしょうか。冬にハンドクリームを使うときの目安となるのが、指の第一関節です。クリームを第一関節まで出してしっかりと手のひらで温め伸ばしてから使うと乾燥対策には十分な量を使うことが出来ます。一生懸命伸ばせば少ない量でも肌に塗ることが出来ますが、ハンドクリームの成分が行き渡らずに乾燥対策にはならないと言うことになりますので、使う量は守るようにしましょう。ベタつく感じが嫌といった人も沢山いますが、そんな人も自分の肌に合わせた相性の良いハンドクリームを探して使うようにしてください。乾燥対策のためにハンドクリームを使っているけど乾燥対策が十分にできていないといった人はハンドクリームの量が足りていない証拠です。使いすぎてもよくありませんが、使用量が足りていない人は少しずつ使う量を増やしていき、自分の肌にちょうど良い量を見つけて使っていくようにすると乾燥の悩みも解決できるようになります。肌は乾燥してしまうと簡単には改善できません。乾燥を予防するためにも普段からハンドクリームを正しく使っていくことが肌の乾燥防止に繋がり、そして老化防止につながっていきます。ハンドクリームを使うときにはあまりケチにならないようにしてください。小岩 美容院

恋愛の話

10代後半から20代前半の女性のお客さんの中で、美容室でのトークの中で恋愛話をよくするお客さんに対しては、だいたい渡す雑誌が決まってくるようです。それはいわゆる「赤文字系」と呼ばれる雑誌で、具体的には「CanCan」などです。そういう雑誌には女子力を磨くためのノウハウがよく記事となっています。ですから特に男性美容師の皆さんは、トーク中に恋愛がらみや異性の話が多い、と感じるお客さんに対してはそういう種類の雑誌を薦めるようにしている、と言う事のようです。ですがそういう風に見られている、という事は図らずとも自分が恋愛経験豊富な女性に見られいている、という事もあるかもしれません。それを良い意味にとる事も出来ますが、「ちょっと軽い女に見られているのかな」という事も感じてしまうかもしれません。美容室のスタッフにそのように思われてしまうぐらいですから、もしかしたら常に男性の気を惹く様な風貌をしているのかもしれない、という事も意識した方が良いかもしれません。もちろん美容室のスタッフたちに、変な悪意があるはずも有りません。「あなたは男好きのする女性です」と伝えたいわけではないでしょう。単純に「自分は持てる女と思われているのかな」と好意的に捉えておくことも良いでしょう。「使えないアシスタント」というレッテルを張られてしまったアシスタントは例えその後美容師デビューできたとしても、その時の印象はスタッフ同士の間ではなかなかぬぐえない、という事もあるようです。実際にそういう事実のあるアシスタントは、その後の成長もかなりスローペースである場合が多いようです。それはもちろん本人の資質、という事もあるかもしれませんが、その事も踏まえて指導者はアシスタントをしっかりと教育して、決して「出来が悪い」という状況に陥らせない事も必要かもしれません。そのためのノウハウと言うのは、色々とあるかもしれませんが、まずは本人に自信を持たせる、という事ではないでしょうか。アシスタントはどうせやめてしまう、という負の姿勢のままだと、指導自体も前向きに離れません。この子を何としても美容師として独り立ちさせる、という目標をまずは指導者自信が持つべきでしょうし、アシスタンとももちろんデビューへの強い意識を持つべきでしょう。そして「今自分にはこれが出来る」という具体的な自信を持たせることが必要でしょう。「自分はまだこれが出来ない」ではなくて「これなら自信を持ってお客さんの前に出る事で着る」というものを持たせ、実施にそれをお客さんの前でさせてみることが自信を持たせる一つの指導となるかもしれません。川口 美容院

美容院に行く頻度

美容院にいく頻度は人それぞれです。みなさんはどれ位で美容院に通っていますか?オシャレに敏感な方は一ヶ月の1回のペースで行っていると聞きます。しかし一ヶ月で美容院に行くなんて何をしているのでしょう。髪もそこまで伸びていないと思います。1ヶ月で美容院に行く人は毛先を切ったり髪のケアをしているそうです。毛先は傷みが出てしまうところですから、定期的に切ってあげると毛先から髪の栄養が出て行くのを防ぐことができます。また、月に一度のヘアケアなどを行い髪のツヤを維持している方もいます。髪がとても綺麗な方は美容院でしっかりとケアをしている人です。美容院で行うケアと自分で行うケアとでは大分違います。自宅でのケアは効果が出るまで非常に緩やかですが、美容院でケアをすればその日のうちにツヤツヤの髪になります。髪のケアまでしなくても、毛先を切るくらいだったら月に一度、二ヶ月に一回程度行くのをおすすめします。しかし毛先を切るためだけに高いカット代を出すのももったいないような気もします。毛先を切るだけなら全体に影響はないので、もし可能であれば1000円でカットをしてくれるような美容院に行ってみてはいかがでしょうか?カット代が少しでも浮きますし、なにより10分程度で終わるのですぐに帰れて便利です。10分1000円の美容院は全国に展開しているので、近場にないか携帯電話やパソコンで探してみてください。結構駅周辺にあることが多いので行きやすいですよ。美容室 池袋東口 美容院 カット カラー 口コミ 人気 予約

久々の前髪カット失敗

久しぶりに美容室で痛い目に遭いました。
普通にカットしてもらって、「前髪もそろえておきますね」とスタイリストさんに言われたので、何も考えずに、お願いします、と言ってしまったら、私の予想に反して、かなり短くされてしまったのです。

最初にはさみを入れられた問いに思わず、え?と思ってしまったのですが、もう遅いですよね。
一か所短くされたらあとはそろえてもらうしかありません。
美容室 横須賀 ヘアサロン カット 美容院 横須賀中央カラー パーマ トリートメント 縮毛矯正 口コミ メンズ 安い おすすめ 人気さんも私の反応を見て、しまった、と思ったのか申し訳なさそうな顔をしましたが、取り返しがつくはずも無く、その短い個所に合わせておかしく無い様にそろえてもらいました。

しかし、これはどう考えても「そろえる」と言うレベルを越していますよ。
そろえるならもうちょっと慎重い少しずつ切ってほしかったのに、まさかこんなに眉毛を強調するほどの短い前髪になってしまうなんて、外出する気が失せてしまいました。

これから週末にかけてたくさんの外出の予定が合ってとても楽しみにしていたのに、ちょっと気分がなえてしまいました。
こうなってみて初めて実感しましたが、前髪の感じって一番顔の印象を左右しますよね。
これからはちょっとの事なら自分で前髪を着る事にしようかな、と思いました。

前髪カットで気分転換

わたしはこれまで前髪は少し伸ばして斜めに降ろしている感じにしていたのですが、ちょっと気分を変えたくて、前身を自然に降ろした感じにしてほしい、とお願いしたのです。
でも眉を見せるのは嫌だったので、眉が隠れる程度に、と念を押したのですが、カットしている間に美容師さんが何度も何度も確かめながら少しずつカットするので、ちょっと切りすぎじゃないか?と不安になっていました。

そして案の定仕上がってブローをしてみると、眉が隠れるどころか、眉の直ぐ上あたりまでしか前髪が無いのです。
あまりの短さに私は思い切り嫌な顔をしてしまいました。
美容室さんも察したのか、何度も「短めになりましたけど、とてもお似合いですよ」とか「前髪は伸びるのが早いですからね」とか言うのですが、私は納得がいきません。

その日はそのまま出かける予定だったのですが、そんな気分もうせてしまいました。
でもパーマの失敗ならかけ直も出来ますが、切りすぎてしまったものはどうにもなりません。

なんとかその長さで前の様に斜めに分けて誤魔化してもらいましたが、本当にとんでもない目に遭いました。
どの美容師さんでも失敗はあると思いますが、前髪の失敗だけは絶対にしてほしくないですね。

前髪は自分の顔の印象を決めてしまうぐらい重要なのですから。
横須賀 美容院

カットの仕方を指定する

美容室に行って髪を切った時に、前髪を切るときに色々と注文したのです。
その時に美容師さんから「ちょっと広めな感じにした方がいいと思いますよ」と言われたので、プロが言うならそうなのだろう、とつい信じてしまって、それでお願いしたのです。

そうすると出来上がった時に見るとあり得ない程前髪の部分が広くとってあるのです。
おかげてとても顔が大きくなってしまったように見えるのです。
これはないだろう?と泣きたい気持ちになりましたが、切ってしまった後ではどうにもなりません。

私が悲しそうな表情をしているのが分かったのか、サイドの髪を顔の方へ引っ張るような感じのスタイリング方法を教えてくれましたが、それでも私は気に入りません。
江古田 美容院さんには申し訳なかったですが、とても沈んだ表情で店を後にしてしまいました。
その時は美容師から直接友人との約束に出かける予定だったのですが、この前髪のままではとてもそのまま出かける気にはなれませんでした。

家に帰って何度も前髪をひっぱて観たりしましたが、急に伸びるはずも無く、本当に悲しくなりました。
カウンセリングが足りなかったのか、その美容師さん的にも失敗だったのかわかりませんが、二度とこんな思いはしたくないので、前髪の注文をする時には、長さや広さまで自分で指定しようと心に決めました。