具体的なイメージを持ってもらう

たとえばなりたいスタイルがきちんと決まっていて画像などで示してくれるお客さんなら美容師の方もお客さんの希望を把握しやすい、と言われています。ですが漠然としかなりたいイメージが決まっていないお客さんに対してはカウンセリングでそれを具体化していく必要があります。たとえばロングのお客さんが「ショートにしたいのです」と言った時には、ショートと言っても色々なパターンがあります。どういうショートがそのお客さんに似合うか、満足してもらえるか、という事を考えるのが美容師の仕事です。そこで美容師の提案力が問われるわけですね。そういう時に一番良く行われるのが、ヘアカタログなどを一緒に見て、お客さんがピンとくるヘアスタイルを探す、という方法です。おそらくみなさんも一度は美容師と一緒にヘアカタログを眺めながらヘアスタイルを決めていった経験があると思われます。その時にはかなりの数の掲載されているヘアカタログの中からまずは美容師がお客さんが選ぶことができる数に絞り込む事が必要となるでしょう。大きなパターンに分けでどのパターンが好みか、という事をまずは把握していくことになるでしょう。そして大まかなパターンが決まれば、とはお客さんがどのヘアスタイルにピンとくるか、という事を見極めていかなくてはいけません。カウンセリングの上手い美容師と言うのは、そのお客さんのなりたいスタイルを旨く汲み取るばかりではなく、お客さんの髪の悩みについてきちんと把握できている、と言われています。つまりお客さんが希望するスタイルを作るために、まずはお客さんの髪の悩みをきちんと聞いておく、という事をやっているんですね。ですがなかなか初めての美容師に対して、自分の髪の悩みを打ち明ける人はいません。髪の悩みというのはどちらかというとあまり人に話したくはない内容であることが多いものです。クセ毛である、薄毛である、分け目が気になる、といった感じですね。どれも良い印象の状態ではないので皆さん悩むわけです。そんなお客さんが自分の髪の毛に対して気になっている事をきちんとカバーしつつ、その上で自分の無いたいスタイルになれることで、お客さんの満足度はぐんと上がります。たとえばふんわりとボリュームのあるヘアスタイルを希望するお客さんは、そのなりたいスタイルの裏側には「最近髪のボリュームが落ちてきた」という年齢的な悩みを抱えているのかもしれません。つまり「なぜそのヘアスタイルを希望されるのか」という事を聞き出せばそのお客さんが何に悩んでいて、どんなふうにその悩みをカバーしたいと考えているのか、という事を聞き出す事が出来るんですね。転職 開業 求人 町田駅