「なりたい」よりも「嫌だ」を把握する

カウンセリングの中で大切なのはお客さんの「なりたい」よりも「嫌だ」という内容を把握する事だ、とも言われています。たとえば料理を食べる時にとても食べたかったものを注文してもその料理の素材や付け合せの中に一つでも自分の嫌いなものが入っていると悲しくなりますよね。ヘアスタイル同じ様な事があると思うのです。全体的には確かになりたかったスタイルに近い、だけど前髪が思ったよりも短かった、というような感じです。もしかしたらそのお客さんは眉毛が見える前髪の長さや嫌だったのかもしれません。そこを把握してなければお客さんの満足度を上げる事が出来ないばかりか、逆に満足度を下げてしまう事になるでしょう。つまり「このお客さんが絶対にしたくない事は何のか」という事を把握しておくことはとても大切なんですね。ですがカウンセリングの最初から「これだけはしないでください!」ときっぱりと言えるお客さんはほとんどいないでしょう。会話中やヘアカタログを見ている間にいかにそれを聞き出すか、という事が美容師のカウンセリングでは問われるところとなるでしょう。このお客さんが何にこだわっているのか、という事が具体的に見えてくれば、その逆を提案してみる、というのも一つの方法です。たとえば前髪の話になった時には極端に長かったり短かったりする提案をしてみて、反応を見る、といった感じですね。お客さんがヘアカタログを見ながらどのような表情をしているか、という事を把握する事はとても大切な事でしょう。おそらく興味を持ったヘアスタイルに対しては他のスタイル画像よりも長めに見入る人がほとんどです。さらに興味があれば自ら「このスタイルどうですかね?」とか「このスタイルはスタイリングが難しいですか?」などとどのスタイルに対して質問や感想を発する事もあるでしょう。そういった点を見逃さずにお客さんの好みを把握していく技量がカウンセリング時の美容師には問われる事となります。美容師がいくら「これなら良いのではないか」と思っているヘアスタイルがあったとしても、その時にお客さんの反応が悪ければそれを無理強いする事は辞めた方が良いですね。そもそも最初から印象が良くないヘアスタイルを強制された、となるとお客さんの満足度はかなり下がってしまいますし、その美容室や美容師に対する印象は悪くなってしまいます。一度はどんなヘアスタイルであれ、お客さんの好みを受け入れる事が必要です。そのためにも画像を見るお客さんの表情を汲み取る事はとても大切でしょう。美容師が自分で先導してヘアスタイルを探すのではなく、お客さんが良い表情をした時のヘアスタイルがどのスタイルなのか、という事をまずは見極めていくことが大切でしょう。転職 業務委託 求人 柏駅 スタイリスト

時間的な制約

お客さんの希望に対して美容師がプロの目から見た提案をする場合、お客さんが予定していたメニュー内容とは違う内容の方が好ましい、と判断する事もあるでしょう。たとえばお客さんはパーマをかけたい、と言うけれども、パーマをかけずにお客さんの髪のクセを生かす方向の方が良い、と判断する事もあるでしょう。そうするとパーマが必要なくなるわけですから、施術時間はかなり短くなる事でしょう。短くなるのはお客さんも時間ができるわけですし、美容室側にとっても次のお客さんを早めに応対できる、という点では良い事はあっても困った事はない、という感じです。ですがもしもこれが逆に、お客さんはパーマをするつもりはなかったのに、美容師がパーマをした方が良い、と判断した場合、お客さんにとっても美容室側にとっても予定外の時間をそのお客さんに使う事になります。その事が美容師の判断を鈍らせてしまう事はよくあるのではないでしょうか。本当ならパーマをかけてあげたい、でもお客さんもこの後予定がある様だし、次のお客さんの予約時間も迫っている、今日のパーマはあきらめざるを得ない、という事になるのではないでしょうか。それは美容師にとっては心残りでしょうし、お客さんも「最初から分かっていたらパーマで予約をしたのに」という事になるでしょう。予約時にメニューを決めてしまうとこういうことが起こってしまうんですよね。お客さんが美容室の予約を取るときには、お客さんだけの判断や希望だけで施術内容を決めてしまいます。多くの人は予約時に「カットで」とか「カットとパーマで」といって予約すると思われます。美容室側も「どうなさいますか?」とメニューを決める様に促すのが当たり前になっていると思うんですね。ですがお客さんの中には「どうしようか」「美容師さんと相談してから決めたいけど」と思っている人も多いと思うのです。ですが美容室側から事務的に「どうなさいますか?」と言われると自分で今決めなくてはならないような気持になってしまうでしょうし、曖昧な返事をする事は美容室に迷惑をかけてしまうかも、という気持ちになってしまう事でしょう。本当はカウンセリングはここで行いたいところですよね。「こうしたいのだけれども、そのためにはパーマは必要だろうか」という事を美容師と相談して、そのうえでその施術の為に必要な時間で予約をする、というのが望ましいのではないか、と思いますが、一人のお客さんのためにカウンセリングを事前に行う、というのは美容室側にとっては難しいかもしれませんね。その時間があれば別のお客さんのカットぐらい出来るかもしれませんから、そうやって売り上げをあげる事の方を優先させるのが当然と言えば当然でしょう。転職 正社員 求人 表参道駅

前のお店を辞めたのは何故か

採用試験を受けるのは新卒の若者ばかりではありません。むしろ美容室の採用試験で多いのは、転職を希望するある程度の職歴を持っている美容師たちです。その美容師たちがなぜお店を変えようと思うのか、それは人それぞれなのですが、やはり一番多いのは今の美容室に不満があるから、という事ではないでしょうか。美容師は過酷な仕事といわれますが、美容師たちが感じているのは自分の働き方に対する対価を支払ってもらっていないのでは、という事なのではないでしょうか。お店が開いている時間は勿論ですが、その後も後輩の指導などで時間がとられてしまいます。休日も講習会への出席や自分のためのヘアケアや買い物などで潰れてしまう事が多く、彼氏や彼女がいる人はデートする時間もない、と嘆く人も多いようです。給料が多いのであれば我慢が出来るかもしれませんが、そうでなければもっと良い条件の美容室を探そう、と思うのは当然のことかもしれません。そして当然のことながら採用試験ではその部分が問われます。そうやって踏まんがあるたびに美容室を変える美容師も少なくないものです。ですから何故やめて何故うちの美容室へ来たいと思うのか、という事はしっかりと聞いておきたいところなのだと思われます。これも良くある質問で「どのような美容師になりたいですか?」と問われる事があります。この質問には回答例を使う事は絶対に許されない質問でしょう。なぜならこの質問こそが、自分の思いのたけを相手に伝えるチャンスだからです。どうしてこの美容室を選んだのか、という事から始まる答えとなるはずなので、ここで矛盾が生じない様に応えなくてはいけません。たとえば「これだけ規模の大きい美容室だとやりがいがあると感じるから」と志望動機で応えたのに、「一人のお客さんとゆっくり向き合える美容師になりたい」と答えてしまうと、この美容室では回転率を優先しているのでそんな時間はありませんよ、と言われてしまう可能性もあります。つまり一つ一つの質問に答えるのではなくて、自分はこういう人間でこうありたいと思っている、というひとつの筋が通っていなければ面接官にはすぐに丸暗記してきた答えであることばばれてしまう事でしょう。何らかの事情で本当の自分の姿ではないけれども、こういう美容師だと思ってもらいたい、という事があるのであれば、すべての面接において一人の人物が一筋通った意思を持って答えている事を意識して答えなければならないでしょう。どういう美容師になりたいか、という所では心から自分の美容師に対する熱意を述べるのが理想的です。転職 正社員 求人 横浜駅

具体的なイメージを持ってもらう

たとえばなりたいスタイルがきちんと決まっていて画像などで示してくれるお客さんなら美容師の方もお客さんの希望を把握しやすい、と言われています。ですが漠然としかなりたいイメージが決まっていないお客さんに対してはカウンセリングでそれを具体化していく必要があります。たとえばロングのお客さんが「ショートにしたいのです」と言った時には、ショートと言っても色々なパターンがあります。どういうショートがそのお客さんに似合うか、満足してもらえるか、という事を考えるのが美容師の仕事です。そこで美容師の提案力が問われるわけですね。そういう時に一番良く行われるのが、ヘアカタログなどを一緒に見て、お客さんがピンとくるヘアスタイルを探す、という方法です。おそらくみなさんも一度は美容師と一緒にヘアカタログを眺めながらヘアスタイルを決めていった経験があると思われます。その時にはかなりの数の掲載されているヘアカタログの中からまずは美容師がお客さんが選ぶことができる数に絞り込む事が必要となるでしょう。大きなパターンに分けでどのパターンが好みか、という事をまずは把握していくことになるでしょう。そして大まかなパターンが決まれば、とはお客さんがどのヘアスタイルにピンとくるか、という事を見極めていかなくてはいけません。カウンセリングの上手い美容師と言うのは、そのお客さんのなりたいスタイルを旨く汲み取るばかりではなく、お客さんの髪の悩みについてきちんと把握できている、と言われています。つまりお客さんが希望するスタイルを作るために、まずはお客さんの髪の悩みをきちんと聞いておく、という事をやっているんですね。ですがなかなか初めての美容師に対して、自分の髪の悩みを打ち明ける人はいません。髪の悩みというのはどちらかというとあまり人に話したくはない内容であることが多いものです。クセ毛である、薄毛である、分け目が気になる、といった感じですね。どれも良い印象の状態ではないので皆さん悩むわけです。そんなお客さんが自分の髪の毛に対して気になっている事をきちんとカバーしつつ、その上で自分の無いたいスタイルになれることで、お客さんの満足度はぐんと上がります。たとえばふんわりとボリュームのあるヘアスタイルを希望するお客さんは、そのなりたいスタイルの裏側には「最近髪のボリュームが落ちてきた」という年齢的な悩みを抱えているのかもしれません。つまり「なぜそのヘアスタイルを希望されるのか」という事を聞き出せばそのお客さんが何に悩んでいて、どんなふうにその悩みをカバーしたいと考えているのか、という事を聞き出す事が出来るんですね。転職 開業 求人 町田駅