チョコレートの血行促進効果

チョコレートは誤解されがちですが、美容にとても効果の高い食べ物です。糖質の多く含まれているチョコレートだと肥満につながってしまう可能性がありますが、糖質が控えめな物なら肥満に繋がりにくく、美容効果を得る事が出来るのでおすすめです。チョコレートに含まれているカカオには血行促進効果があります。美容にとって一番大切な血行促進効果は、肌の作るために必要になります。肌はターンオーバーによって新しい細胞が常に作られていますが、血行が悪くなるとターンオーバーに必要な栄養が肌まで届かなくなってしまいます。どんないターンオーバーをしたくても肌の成分となる栄養が血行によって運ばれてこなければターンオーバーは出来ません。運動不足な人や、毎日同じような姿勢で仕事をしている人は気が付かない内に血行が悪くなりがちです。朝は顔がむくみやすいといった人も血行が悪くなっていることが主な原因になっていますので、血行を良くしてくれるチョコレートはおすすめです。血液の流れは体の中の老廃物を流すためにも必要なため、体に老廃物が溜まっている人にとってもチョコレートの血行促進効果は必要になってきます。ダイエットをしていて食べるものを制限している人は栄養のバランスが悪くなりがちですが、チョコレートには体に必要な栄養素がバランスよく含まれているので、適度に食べていくと美容に良いダイエットが出来るはずです。チョコレートの美容効果を知って上手に利用してみてくださいね。冬になると気温が下り湿度も低くなるためどうしても肌は乾燥してしまいます。しかしハンドクリームを使うと気に勿体ないと考えて使う量が少なくなってしまっている人も多いようです。ハンドクリームを使うときにどの位の量を使えば良いのでしょうか。冬にハンドクリームを使うときの目安となるのが、指の第一関節です。クリームを第一関節まで出してしっかりと手のひらで温め伸ばしてから使うと乾燥対策には十分な量を使うことが出来ます。一生懸命伸ばせば少ない量でも肌に塗ることが出来ますが、ハンドクリームの成分が行き渡らずに乾燥対策にはならないと言うことになりますので、使う量は守るようにしましょう。ベタつく感じが嫌といった人も沢山いますが、そんな人も自分の肌に合わせた相性の良いハンドクリームを探して使うようにしてください。乾燥対策のためにハンドクリームを使っているけど乾燥対策が十分にできていないといった人はハンドクリームの量が足りていない証拠です。使いすぎてもよくありませんが、使用量が足りていない人は少しずつ使う量を増やしていき、自分の肌にちょうど良い量を見つけて使っていくようにすると乾燥の悩みも解決できるようになります。肌は乾燥してしまうと簡単には改善できません。乾燥を予防するためにも普段からハンドクリームを正しく使っていくことが肌の乾燥防止に繋がり、そして老化防止につながっていきます。ハンドクリームを使うときにはあまりケチにならないようにしてください。小岩 美容院

恋愛の話

10代後半から20代前半の女性のお客さんの中で、美容室でのトークの中で恋愛話をよくするお客さんに対しては、だいたい渡す雑誌が決まってくるようです。それはいわゆる「赤文字系」と呼ばれる雑誌で、具体的には「CanCan」などです。そういう雑誌には女子力を磨くためのノウハウがよく記事となっています。ですから特に男性美容師の皆さんは、トーク中に恋愛がらみや異性の話が多い、と感じるお客さんに対してはそういう種類の雑誌を薦めるようにしている、と言う事のようです。ですがそういう風に見られている、という事は図らずとも自分が恋愛経験豊富な女性に見られいている、という事もあるかもしれません。それを良い意味にとる事も出来ますが、「ちょっと軽い女に見られているのかな」という事も感じてしまうかもしれません。美容室のスタッフにそのように思われてしまうぐらいですから、もしかしたら常に男性の気を惹く様な風貌をしているのかもしれない、という事も意識した方が良いかもしれません。もちろん美容室のスタッフたちに、変な悪意があるはずも有りません。「あなたは男好きのする女性です」と伝えたいわけではないでしょう。単純に「自分は持てる女と思われているのかな」と好意的に捉えておくことも良いでしょう。「使えないアシスタント」というレッテルを張られてしまったアシスタントは例えその後美容師デビューできたとしても、その時の印象はスタッフ同士の間ではなかなかぬぐえない、という事もあるようです。実際にそういう事実のあるアシスタントは、その後の成長もかなりスローペースである場合が多いようです。それはもちろん本人の資質、という事もあるかもしれませんが、その事も踏まえて指導者はアシスタントをしっかりと教育して、決して「出来が悪い」という状況に陥らせない事も必要かもしれません。そのためのノウハウと言うのは、色々とあるかもしれませんが、まずは本人に自信を持たせる、という事ではないでしょうか。アシスタントはどうせやめてしまう、という負の姿勢のままだと、指導自体も前向きに離れません。この子を何としても美容師として独り立ちさせる、という目標をまずは指導者自信が持つべきでしょうし、アシスタンとももちろんデビューへの強い意識を持つべきでしょう。そして「今自分にはこれが出来る」という具体的な自信を持たせることが必要でしょう。「自分はまだこれが出来ない」ではなくて「これなら自信を持ってお客さんの前に出る事で着る」というものを持たせ、実施にそれをお客さんの前でさせてみることが自信を持たせる一つの指導となるかもしれません。川口 美容院