前髪カットで気分転換

わたしはこれまで前髪は少し伸ばして斜めに降ろしている感じにしていたのですが、ちょっと気分を変えたくて、前身を自然に降ろした感じにしてほしい、とお願いしたのです。
でも眉を見せるのは嫌だったので、眉が隠れる程度に、と念を押したのですが、カットしている間に美容師さんが何度も何度も確かめながら少しずつカットするので、ちょっと切りすぎじゃないか?と不安になっていました。

そして案の定仕上がってブローをしてみると、眉が隠れるどころか、眉の直ぐ上あたりまでしか前髪が無いのです。
あまりの短さに私は思い切り嫌な顔をしてしまいました。
美容室さんも察したのか、何度も「短めになりましたけど、とてもお似合いですよ」とか「前髪は伸びるのが早いですからね」とか言うのですが、私は納得がいきません。

その日はそのまま出かける予定だったのですが、そんな気分もうせてしまいました。
でもパーマの失敗ならかけ直も出来ますが、切りすぎてしまったものはどうにもなりません。

なんとかその長さで前の様に斜めに分けて誤魔化してもらいましたが、本当にとんでもない目に遭いました。
どの美容師さんでも失敗はあると思いますが、前髪の失敗だけは絶対にしてほしくないですね。

前髪は自分の顔の印象を決めてしまうぐらい重要なのですから。
横須賀 美容院