他業界の参入

近年「ネット予約」というものが段々と広がってきていますが、それを提案したのは美容室そのものではないようです。そもそもフリーペーパーによるクーポンの配布というのが始まりでした。フリーペーパーは美容室に限らず、飲食店やエステなどのクーポン券を掲載するかわりにそのお店から掲載費を支払ってもらう、というシステムを作り上げたんですね。それにより美容室は、経費が掛かったとしてもそのフリーペーパーで集客が出来るようになった、といえるでしょう。掲載費を払っておけばあとはその企業によりフリーペーパーが発行され、それを手に取った人たちが来店してくれるようになったのです。おそらくこれで随分と集客のための業務が軽減された事でしょう。チラシを作成したり配布したりクーポン券を作ったり、といった手間がなくなるのです。そこに掛けていた時間を本来の業務に集中する事も出来るようになったかもしれません。そしてそういった業界がどんどんと美容室の経営的な面にも参入してきたんですね。そのきっかけはおそらくインターネットの普及によるものだった、と考えられます。誌面ではなくパソコンやスマホでクーポンを閲覧したり検索できるようになったことで、より一層美容室側としてはお客さんへのアプローチを直接行わなくても済むようになった、と考えられます。

具体的な業務

具体的な美容師の業務として私達が良く目にするのは、受付も美容師が兼任しているお店のケースですよね。お店の電話が鳴ると手の空いている美容師が電話に出て予約を受ける事がよくあります。また来店したお客さんのお出迎えも美容師がやっている所が殆どです。そこで予約の確認、荷物の預かり、席への案内なども美容師が行っている所が殆どです。アシスタントが多い美容室ではまだシャンプーも担当できないアシスタントがその業務をやっている事もあります。営業時間中にもカットした髪の毛が床に落ちるのでその掃き掃除なども美容師自身がやっている所がほとんどでしょう。私達が目にするだけでもそういう感じですが、それだけではすみません。集客に関して言えばチラシの作成や配布、固定客への挨拶状や割引券の送付、その日の売り上げを集計、手書きで集計している所も有ればパソコンに入力している所もあるでしょう。そういった細かい作業も美容師の業務の内なんですね。もちろんこういった働き方をしているのは美容師だけではなく、どんな業界でも雑務はあるものです。ですが美容師に関して言えばサービス業的な面が強化されるようになったり、美容室の件数が増えたために集客を強化しなくてはならなくなったことが、より一層美容師の仕事を増やしてしまったように思われますね。

TOPICS

大人気ヘッドスパメニュー多数!!話題の“イルミナカラー”導入店
川越にある美容院
あなたの為の特別なひとときを演出
辻堂にある美容院
お出かけ前やお仕事帰りにもラクラク通える♪
辻堂にある美容院

ゴールデンウィーク中の美容室

ゴールデンウィーク前には、ゴールデンウィークを楽しく過ごすためにヘアスタイルを整えに来るお客さんがおおい事でしょう。ではゴールデンウィーク中というのはどうでしょうか。いわゆる大型連休となっているケースではまるごと長期旅行や長期帰省の予定を入れている人も多いでしょうから、そういう人たちはわざわざそんな最中に美容室へ行こうとは思わないでしょう。ですが美容室はたいてい営業しています。どうして美容室は休みにしないのか、と考えた時に逆に連休でなければ美容室へ行く事が出来ないひともいる、という事があるのではないでしょうか。日頃は忙しくてなかなか美容室へ行く事が出来ないひとは連休中の一日を美容室でゆっくり過ごしたい、と考えるかもしれません。また大型連休の時には何処へ行っても人が多いものです。そういうときにわざわざ出かけるような事はしない、という考えの人もいるでしょう。そう言った人たちは日頃なかなか行く事が出来ない美容室へ行こう、と考えても不思議はありません。そう言った人たちがいる限り、美容室ではお客さんが耐える事は無いでしょう。ですがそんなに予約でいっぱいになる、という事も無いかもしれません。ほどほどにお客さんが来る程度かも知れませんが、それでも美容室が営業していることを喜ぶお客さんもいるんですよね。

ゴールデンウィーク前のオーダー

ではゴールデンウィークに向けてヘアスタイルを整えるとしたらみなさんはどのようなオーダーをするのでしょうか。それは連休にどんな予定があるのか、という事によっても違ってくるかもしれませんね。たとえば旅行に行く、という人であれば、できるだけスタイリングが楽なへあスタイルが良い、と思うかもしれません。行き先にもよりますが海外旅行などであれば長時間機内で過ごすような事も考えれば、できるだけヘアスタイルが乱れないような感じが良いですし、てぐしなどで簡単に整えられるような感じにしておきたい事でしょう。また連休中であれば故郷に帰る人も多く同窓会などのイベントがある人も多いかもしれません。久しぶりに会う同級生となると、できるだけ若く見せたい、と思うのは誰もが思う事でしょう。これまでよりは少し若く見えるようなヘアスタイルにチャレンジしてみるのも良いかもしれませんし、白髪などで悩んでいる人であればこの際白髪染めをしてみよう、と思う人もいるかもしれませんね。こういった連休には楽しい行事が待っている人が殆どです。みなさんがウキウキした気持ちで連休を楽しめるようにお手伝いするのがこの時期の美容師の役割とも言えるかもしれませんね。そこでお客さんに仕上がりを気に入ってもらって喜んでもらう事が美容師の喜びでもあるでしょう。

Pickup site !!

あなたの「欲しい」がすべて叶う☆
自由が丘にある美容院
毎日鏡を見るのが楽しくなっちゃう!
新宿にある美容院
安心できる柏のアンティーク雑貨サロン☆
柏にある美容院

連休にはぜ営業するのか

ゴールデンウィークが近づいてくると、みなさん連休中に何をする?という事が話題になると思います。何連休なの?という会話も良く聞かれるようになりますが、実際にいくらカレンダーに赤い字が並んでも、それだけ休めると言う人は半分ぐらいなのではないでしょうか。一昔前とは違ってサービス業に従事する人がとても多くなりました。飲食店をはじめとするお店ではお客さんのためにお店を開けておかなくてはならない所がほとんどで、連休なら尚更休めないものです。美容室も同じようなもので連休だからと言ってカレンダー通り休みにしている所はほとんどありません。ですが飲食店やアパレル関係、娯楽施設などであれば連休だから人手が多い、という事はわかりますが、連休だからと言って美容室へ行く人はそんなに多いものなのでしょうか?みなさんは連休だからと言って美容室へ行きますか?おそらく連休にやりたいことのリストには美容室へ行くと言う予定は入らないと思うんですね。それでも美容室は営業している所が多いものです。何故なのでしょうね?おそらく「連休に美容室へ行きたい」のではなくて「連休しか美容室へ行く事が出来ない」という人が美容室へ行くのではないか、と思われます。確かに連休に美容室が開いていると助かる、という人もいる事でしょう。

ゴールデンウィーク前

おそらくゴールデンウィークに連休が取れる、という人はなんらかの外出の予定を立てていると思われます。懐かしい人に逢う事もあるでしょうし、旅行に行く人もいるでしょう。ですからおそらく美容室に行くタイミングとしてはそのゴールデンウィーク前、という人が多いのではないでしょうか。人に会う機会がおおければキレイにしておきたい、と思うのは当然ですし旅行に行って写真に納まる事があれば当然ヘアスタイルを整えておきたい、と思う事でしょう。ですからそういった連休の行事に合わせて髪を切る人が多い事でしょう。またこの時期は急激に夏っぽい気候になる事がよくあります。地方にもよるかもしれませんが、気温があがって夏日となる地域も多いものです。ですから暑くなるから髪を切りたい、という人も出てくると思います。ですから美容室としては連休に営業するところが多いと思いますが、むしろその前の週当たりが忙しくなるのではないか、と想像できますね。ですが連休前に忙しかったからと言って連休にはお店を閉める、という美容室はほとんどないようです。つまり美容師の皆さんは連休前に忙しく、連休中はそこそこの忙しさで働く、という感じになるのかもしれませんね。どうせなら連休を休みにすれば良いのに、と思いますがそうはいかない事情もあるようですね。

PICKUP SITE !!

なりたい×らしさ、で自分史上最高のスタイルへ★
能見台にある美容院
当日予約心よりお待ちしております
調布にある美容院
「安いから可愛くなれない…」なんて事はない!
蒲田にある美容院

美容室業界の人手不足

何処の業界でもこれから人材不足が深刻になる、という事が言われています。美容室業界も例外ではないのかもしれません。今でも多くの若者たちが美容師を目指して美容専門学校へ通っているようですが、そもそも少子高齢化により若者の絶対数自体が減少しています。そして美容室の様な昔ながらの「修行」を課すような業界が段々と敬遠されるようにもなってきていて、実際に美容専門学校を卒業しても美容師の職に就かない人も増えてきているようですし、美容師として働くために入店したとしても、その条件の悪さや労働環境に耐えかねて一年以内に辞めてしまう人も多いようです。その一方で人々の美意識は高まっていて美容室を利用する人は幅広い年代で増加していると思われます。ですから美容室では人手不足、美容師不足を感じているお店も多く、将来的にも不安に感じている経営者も多い事でしょう。もともと美容室と言うのは新規オープンしても一年後に経営が安定しているお店は少なく、逆にあっという間に閉店してしまうお店の方が多いと言う業界です。これからのあり方に不安を感じている一方で、そういった美容室を手助けする事を業務とする会社も出てきています。つまり美容師の本来の業務以外の事を、美容師以外の人が行う事が出来る様にするシステムですね。

美容師の業務

美容師と言えば人々の髪の毛を切ったりパーマやカラーリングでキレイにするのが本来の仕事です。そのための勉強をし技術を身に付けセンスを磨いてきている訳です。ところが実際にはそれだけをやっていたのでは美容師の経営は成り立ちません。たとえば集客です。お客さんを集めなければどんなによい技術を持った美容師が常駐していても利益は出ません。他にも施術をするための薬剤の仕入れや器具の管理も大切です。お店全体の経営について把握をして経営や予算の計画を立て、振り返ってその結果を見るといった業務も欠かせません。細かいところでは掃除などの雑務も必要です。これらは美容師資格を持たなくても出来る事であるにもかかわらず、多くの美容室では美容師たちが行っています。もしも美容師以外の人にこれらの業務をやってもらおうとするならば、別の人を雇わなくてはならないのでそこには大きな人件費がかかってきます。だから多くの美容室ではすべての業務をそこにいる美容師たちでこなしているのが現実です。経営に携わっているトップの人たちでさえも現場と掛け持ちをしている、というお店も多いものです。そういったところから美容師の仕事は激務だ、と言われているのかもしれません。ただ髪を切っていればよいのであればそういうイメージにはならなかったかもしれませんね。

おすすめサロン

ナチュラルなテイストが得意なサロン
川口にある美容室
パーマもカラーも家に帰ってからの“手軽さ”求めるなら
大宮にある美容室
25歳からの働く大人女子から圧倒的な支持
城南にある美容院

髪は少し切った方が早く伸びる

良く考えてみると当たり前なのですが髪の毛を切ればそれだけ短くなります。一センチ切れば一センチ短くなるわけです。ですが髪の毛を少し切ったの方が伸びるのが早くなる、というのはどういう事なんでしょうか。髪を伸ばそうとしている人が良く言うのは、時々美容院に行って髪を切らないとなかなか伸びない、というのですが、普通に考えてみるとその様な事が起きるとはあまり考えられません。そして実際に毛先を切ろうが切るまいが、人の髪の毛が伸びるスピードと言うのはそんなに変わるのもではありません。もしも髪の毛が伸びるのが早くなったとしたら、それは栄養状態や頭皮の健康状態と言った別の問題のおかげだと思われます。髪の毛を切ると伸びるのが早く感じるのは「伸びたように見えるから」という事なのではないでしょうか。髪の毛をただひたすら伸ばしているとだんだんと毛先が傷んできて跳ねたりうねりが出たりするようになります。そうすると綺麗なストレイ―と出会った時よりも短く見えるようになるんですね。つまり「伸ばしているのに伸びない」と感じるのでしょう。それが美容室に行って毛先を揃えてもらったりキレイにスタイリングやトリートメントをしてもらうと一時的に毛先もきちんと下を向き、髪の毛のうねりも取れるので伸びた様に見えるんですね。

白髪の噂

「白髪を抜くと増えるから抜かない方が良い」「白髪は抜くのではなく切るのが正解」といった話を良く聞きます。人は不思議なもので自分の欠点を隠す方法があると知るとその真偽のほどは確かめもしないで実践してみたりするものです。白髪を抜かない、という事を実践している人も多いのではないでしょうか。抜かないのは悪くは無いと思うのですが、「なぜ抜いてはいけないのか」という事を考えたことがある人は少ないかもしれません。言われているのは「抜くと増えるから抜かない」という事なのですが、これは実際には根拠が無いようです。実際の所は「抜くと白髪が無かったことにされるが、次回白髪が生えてくるときにはそれだけ老化現象が進行していて生えてくる本数が増えている」という事の様です。ですから抜くことが原因で増えるのではなく、抜こうが抜くまいが年齢を重ねれば白髪の本数は増える、という事なんですね。むしろ抜かない方が良い、というのは抜く事で頭皮を引っ張ってしまう事になるので、その部分の毛穴を傷つけてしまう事になるから引っ張ったり抜かない方が良い、という事の様です。白髪対策としては「切る」というのもあるかもしれませんが、短く切った白髪だけがツンツンと立ってしまって余計に目立ってしまう、という事もあります。自然に任せるのが一番の様ですね。

おすすめ店舗

のんびりアットホームな雰囲気と丁寧な接客で髪のお悩み解決!
菊川にある美容室
プチプラサロン×丁寧なマンツーマン接客☆
立川にある美容室
ベテランスタイリストが必ず対応します!
大森にある美容室

あごニキビを繰り返してしまう!その原因を知って賢く対処する

あごニキビを繰り返してしまっていませんか?あごにできるニキビも、大人ニキビの一つです。繰り返しやすく、症状もひどくなりやすいため、適切な対処を知っておく必要があります。あごニキビで多い原因には、「ホルモンバランスの乱れ」が挙げられますが、その他にもいくつかの理由が考えられます。心当たりがないかどうか、ご参考にしてみてください。

○食事が偏っている

栄養バランスが悪く、偏った食生活をしていると、あごニキビもできやすくなってしまいます。例えば糖質や脂質の量画多く、たんぱく質や野菜が不足しているのも、顎ニキビや肌荒れの原因となるでしょう。この場合は、栄養バランスの行き届いた食生活にしていくことによって、あごニキビを改善していくことができます。

○乾燥

皮脂の量が適切であればいいのですが、あまりにも過剰だと皮脂が炎症を起こしてしまい、ニキビの原因となってしまいます。

オイリー肌で皮脂が激しい人は特に、朝と夕方の2回洗顔するようにし、皮脂膜をリセットしましょう。美容室の正社員は主婦とパートで武蔵浦和ただし、あまりにも皮脂をとりすぎてしまうのもいけません。お肌は皮脂不足だと察知して、皮脂を過剰に分泌させてしまうことになるからです。さらに、ドライスキンだと、お肌に本来備わっているバリア機能が失われてしまい、たった少しの刺激でもお肌が傷ついて炎症を起こしてしまうでしょう。これもあごニキビの原因の一つです。

○紫外線

紫外線が原因で、あごにきびができてしまうこともあります。これは、紫外線が、肌の中にあるアクネ菌が作っている「ポルフィリン」という物質に刺激を与え、お肌をいためる活性酸素を活発化してしまうからです。紫外線によって肌は傷つきやすくなり、ニキビはできやすくなってしまいます。従って、あごニキビを予防するには紫外線対策も徹底しましょう。

栗山千秋さんは、同じ女性でも憧れる人が多いくらい、とてもお綺麗ですよね。
20代の頃から変わらないスタイル、美脚、そして白い肌!
トレードマークのロングヘアも、いつもツヤツヤで美しいですよね。
どうやってその美貌をキープしているのでしょうか?

○栗山千秋のヘアケア

髪が長くてツヤツヤで綺麗なイメージの栗山千秋さん。
パーマもカラーリングもしていないため、髪がいたまず、健康な髪をキープできているようです。

○栗山千秋さんのスキンケアはシンプル

お肌がもともと強い方ではないため、あまりごちゃごちゃといろいろなものはつけず、シンプルなスキンケアにしています。

美肌育成のために特別なことはあまりしていないという栗山千秋さん。

お肌に休養を与えてあげることも大事としていますが、基礎化粧品はたっぷり使うとか。
特に20代半ばになって、自分のお肌と相性の良い化粧品を見つけて、肌の調子もよくなってきたそうです。

基礎化粧品は全プロセスのアイテムを使うのではなく、季節なども考慮して、その日の肌の調子を見ながら組み合わせも変えています。

○納豆をたくさん食べているから肌が綺麗?

美肌のために食べているのは納豆。
納豆に醤油とトマト、きゅうりを刻んだものを混ぜて、マヨネーズをかけて食べるのが好きなのだとか。

冷蔵庫には必ず納豆をストックしているので、納豆を常用していることも、美肌の秘訣なのかもしれませんね!

野菜や海草も好きなため、食事でも野菜中心で、ボールいっぱいのサラダを食べる事から食事がスタートするそう。
○バスタイムは長いと2時間も?

お風呂が大好きだという栗山千秋。

入る時は2時間ほどお風呂に入るといいます。
お風呂につかりながら台本を覚えたり、読書したりするのが好きなんだそうです。長時間の入浴も、美ボディキープの秘訣なのでしょう。

○スタイル維持のために気を付けている事は?

細くてスタイル抜群に見える栗山千秋さんですが、スタイル維持のための運動は、特にしていないみたいです。
歩くのが好きなため、30分程度のウォーキングはよくすると話しています。

それは美容師のせいなのか?

カットやカラー、パーマに関するクレームの場合には、確かに美容師側に落ち度があることもあるかもしれません。勿論わざとお客さんが不満に思うような仕上がりにしてやろうと思っている美容師なんていません。ですから誠心誠意そうなったいきさつを説明し、お客さんが納得のいく対応をする事が出来るケースがほとんどなのですが、中には美容師側に「それって私が悪いの?」と思わせるようなクレームも有るようです。その多くは「そもそも無理な注文をする」お客さんであるケースが多いと思われます。中でも多いのがモデルなどの画像を見せて「この通りにして」というようなお客さんの中に具体的なイメージがあるケースです。その具体的なイメージと言うのが自分自身がモデルになった時のイメージが出来ている人なら良いのですが、顔もスタイルもヘアスタイルもすべてその画像の中の人になれる、と思い込んでいる様なお客さんが時にはいるものです。またモデルなどではなくても「小顔にして」という注文をするようなお客さんもいるようですが、そもそも顔の大きさを美容師が変える事は無理です。小顔に見える様に、という工夫をする事はできますが、それでも限度があります。仕上がった時に「全然小顔になっていない!」と怒るお客さんがいるようですが、それはそもそも美容師にとっては筋が違う、という話ですよね。カラーやパーマに関しては、お客さんの方でもこういったメニューを再々繰り返す事で髪の毛が傷んでしまう、という事は良く承知しているものです。ですからお客さんだってむやみやたらとパーマを掛け直したり、カラーを染直したりすることはしたくないんですね。逆に美容師の方でも「気持ちはわかるけれども今またカラーやパーマをするとお客さんの毛身の毛が大変な事になる」と判断するケースも有ります。そう言った時にお客さんの中には返金を要求してくる人もいるようです。美容室側の方で「こういった場合には返金に応じる」という目安やルールは有ると思いますが、その範囲で収まる話かどうか、という事の判断は難しいものです。美容師にとっては「十分に染まっている」と思われる髪色でもお客さんにとっては満足出来る髪色ではないケースでも返金に応じなくてはならないのか、という問題は悩ましい話ではあります。カウンセリングの時に「こういう結果になる場合もある」と十分に説明し、お客さんにも納得してもらっていたはずなのに、満足できなくて返金を要求してくるお客さんもいるようです。それはもはや「言った・言わない」という論争になるだけで、結論の出る話ではなくなってしまいます。ですが闇雲に返金に応じる事は美容室としても避けたいところですよね。篠崎 美容師 求人

爪ではなく指の腹

私達が自分でシャンプーする時には、頭皮にあたるのはよく爪であることがありますよね。少し硬い感じや痛い感じが逆に気持ちが良い、という人もいますし、爪でがしゃがゃと合わらないと洗った気がしない、という人もいるようです。ところがこの「爪が立つ」という頭皮の洗い方は頭皮をかなり傷つけてしまっている様なんですよね。たとえそれが気持ちが良い、と感じたとしても、そういう洗い方を毎日するのは頭皮にとっては良くない事の様です。一方で美容師の皆さんが洗ってくれる時にはそういう心地良い痛さ、というのは感じませんよね。それは美容師の皆さんはシャンプーの時には指の腹を使って私達の頭皮を押しているからなんですね。逆に絶対に爪を立てない様に意識している様ですし、もちろん爪は短く切っておくことがお店のルールとなっている事が殆どの様です。指の腹をつかって頭皮をマッサージするように押し洗いをしているんですね。これが私達にとってはとても気持ち良く感じる訳です。そして美容師のみなさんたちが練習するのはこの指の腹がシャンプーの間は地肌から片時も離れない様に工夫されている事なんですね。常に頭皮に指の腹が触れている事で、気持ち良さがずっと持続するのを私達は感じる事が出いるんですよね。美容師の皆さんのシャンプーが気持ちが良い、と感じるのは、ひとつは手の動かしかた、つまり私達が感じる美容師の手の動きだと思うんですね。それはとてもリズミカルで心地が良いのです。私達は自分で髪を洗う時にはただ何も考えずに「シャカシャカ」という感じで頭皮をこすって洗うような感じにやりますよね。その時に手の動かし方は多くの人が左右の手を同時に同じように動かしていると思うのです。ところがよく気を付けて感じてみると美容師の皆さんがシャンプーをしてくれる時には手の動かし方が左右交互に動かされていると思います。実はこれが私達にはとてもリズミカルに感じるのだと思います。交互に動かされることによって私達は知らないうちに頭が軽く揺れているのを感じる事ができるんですね。それがとても心地よさをもたらすのだと思います。美容師の皆さんはこの手動きを手首ではなく肘を支点にして動かしている、と言われています。私達が自分でシャンプーをする時にはおそらく手首に力を入れていると思うんですね。ですが肘を使う事によって美容師の皆さんは力が入りやすく、疲れにくく、力加減の調整もしやすくなっているらしいです。やはり素人の洗いかたとは違うテクニックを美容師の皆さんは持っていたんですね。篠崎駅 美容室 求人 社会保険

「なりたい」よりも「嫌だ」を把握する

カウンセリングの中で大切なのはお客さんの「なりたい」よりも「嫌だ」という内容を把握する事だ、とも言われています。たとえば料理を食べる時にとても食べたかったものを注文してもその料理の素材や付け合せの中に一つでも自分の嫌いなものが入っていると悲しくなりますよね。ヘアスタイル同じ様な事があると思うのです。全体的には確かになりたかったスタイルに近い、だけど前髪が思ったよりも短かった、というような感じです。もしかしたらそのお客さんは眉毛が見える前髪の長さや嫌だったのかもしれません。そこを把握してなければお客さんの満足度を上げる事が出来ないばかりか、逆に満足度を下げてしまう事になるでしょう。つまり「このお客さんが絶対にしたくない事は何のか」という事を把握しておくことはとても大切なんですね。ですがカウンセリングの最初から「これだけはしないでください!」ときっぱりと言えるお客さんはほとんどいないでしょう。会話中やヘアカタログを見ている間にいかにそれを聞き出すか、という事が美容師のカウンセリングでは問われるところとなるでしょう。このお客さんが何にこだわっているのか、という事が具体的に見えてくれば、その逆を提案してみる、というのも一つの方法です。たとえば前髪の話になった時には極端に長かったり短かったりする提案をしてみて、反応を見る、といった感じですね。お客さんがヘアカタログを見ながらどのような表情をしているか、という事を把握する事はとても大切な事でしょう。おそらく興味を持ったヘアスタイルに対しては他のスタイル画像よりも長めに見入る人がほとんどです。さらに興味があれば自ら「このスタイルどうですかね?」とか「このスタイルはスタイリングが難しいですか?」などとどのスタイルに対して質問や感想を発する事もあるでしょう。そういった点を見逃さずにお客さんの好みを把握していく技量がカウンセリング時の美容師には問われる事となります。美容師がいくら「これなら良いのではないか」と思っているヘアスタイルがあったとしても、その時にお客さんの反応が悪ければそれを無理強いする事は辞めた方が良いですね。そもそも最初から印象が良くないヘアスタイルを強制された、となるとお客さんの満足度はかなり下がってしまいますし、その美容室や美容師に対する印象は悪くなってしまいます。一度はどんなヘアスタイルであれ、お客さんの好みを受け入れる事が必要です。そのためにも画像を見るお客さんの表情を汲み取る事はとても大切でしょう。美容師が自分で先導してヘアスタイルを探すのではなく、お客さんが良い表情をした時のヘアスタイルがどのスタイルなのか、という事をまずは見極めていくことが大切でしょう。転職 業務委託 求人 柏駅 スタイリスト

時間的な制約

お客さんの希望に対して美容師がプロの目から見た提案をする場合、お客さんが予定していたメニュー内容とは違う内容の方が好ましい、と判断する事もあるでしょう。たとえばお客さんはパーマをかけたい、と言うけれども、パーマをかけずにお客さんの髪のクセを生かす方向の方が良い、と判断する事もあるでしょう。そうするとパーマが必要なくなるわけですから、施術時間はかなり短くなる事でしょう。短くなるのはお客さんも時間ができるわけですし、美容室側にとっても次のお客さんを早めに応対できる、という点では良い事はあっても困った事はない、という感じです。ですがもしもこれが逆に、お客さんはパーマをするつもりはなかったのに、美容師がパーマをした方が良い、と判断した場合、お客さんにとっても美容室側にとっても予定外の時間をそのお客さんに使う事になります。その事が美容師の判断を鈍らせてしまう事はよくあるのではないでしょうか。本当ならパーマをかけてあげたい、でもお客さんもこの後予定がある様だし、次のお客さんの予約時間も迫っている、今日のパーマはあきらめざるを得ない、という事になるのではないでしょうか。それは美容師にとっては心残りでしょうし、お客さんも「最初から分かっていたらパーマで予約をしたのに」という事になるでしょう。予約時にメニューを決めてしまうとこういうことが起こってしまうんですよね。お客さんが美容室の予約を取るときには、お客さんだけの判断や希望だけで施術内容を決めてしまいます。多くの人は予約時に「カットで」とか「カットとパーマで」といって予約すると思われます。美容室側も「どうなさいますか?」とメニューを決める様に促すのが当たり前になっていると思うんですね。ですがお客さんの中には「どうしようか」「美容師さんと相談してから決めたいけど」と思っている人も多いと思うのです。ですが美容室側から事務的に「どうなさいますか?」と言われると自分で今決めなくてはならないような気持になってしまうでしょうし、曖昧な返事をする事は美容室に迷惑をかけてしまうかも、という気持ちになってしまう事でしょう。本当はカウンセリングはここで行いたいところですよね。「こうしたいのだけれども、そのためにはパーマは必要だろうか」という事を美容師と相談して、そのうえでその施術の為に必要な時間で予約をする、というのが望ましいのではないか、と思いますが、一人のお客さんのためにカウンセリングを事前に行う、というのは美容室側にとっては難しいかもしれませんね。その時間があれば別のお客さんのカットぐらい出来るかもしれませんから、そうやって売り上げをあげる事の方を優先させるのが当然と言えば当然でしょう。転職 正社員 求人 表参道駅